電気工事士、電気主任技術者、電気施工管理技士に興味のある方、勉強中の方向けのサイトです
ユーキャンの電気工事士通信教育

ユーキャンの電気工事士通信教育

電気の資格に詳しい人
通信教育で有名なユーキャンの電気工事士講座どうなのかみてみましょう。

通信教育は各社特徴があってどこが合うのか?悩みどころです。

通信教育で代表的な一つユーキャンで電気工事士講座の内容、特徴をみて、向いている人がどんな人か考えてみました。

画像はユーキャンHP2種1種より引用。

本科コースと技能試験コースがあり。
標準学習期間が8カ月と長く設定されている、じっくり勉強に取り組める人に向いている。
学びオンラインプラスというサポートがあり、講義動画やwrb確認テスト、学習スケジュールの作成などで役立ちます。
申込、資料請求などはこちら↓↓↓

特徴

30年以上の開講実績があります。毎年の試験傾向を分析し、これまで多くの合格者を輩出してきました。当講座は「資格の学習経験なし」という方が圧倒的多数。多くの初学者を、ユーキャンは合格にナビゲートしています。

電気工事士2種の学習経験の有無

筆記+技能試験に対応の本科コースと、技能試験対策のみの技能試験コースの2つをご用意。初めてチャレンジする方には本科コースがおすすめです。

本科コースと技能試験コース

材料セットで組み立てた課題作品を提出すると、講師が丁寧に添削指導。実際の試験のチェック項目に沿って講評・アドバイスいたします。

独学では手に入りにくい法改正の要点や最新情報など、適宜お知らせ!試験日や願書申込み日などの試験情報、その年の技能試験の候補問題も発表され次第、お伝えいたします。

独学にはない豊富なメリット

 

合格までのスケジュール

標準学習期間は8カ月(1種、2種同じ)。

2種の場合、上期の申込が3月下旬~4月上旬、8か月後12月。下期の試験まで標準学習期間があり、サポートは長い。

長い学習期間が取れる人、働きながら資格取得を目指す人にはいい。

 

筆記試験対策

標準学習期間が8カ月と長く設定されているためしっかり勉強する期間が取れる。

筆記試験標準学習期間8カ月で初学者大丈夫

教材は図などが多くわかりやすく勉強しやすい。

教材の例、図などが多くわかりやすい

基礎数学、公式集、用語集、過去問もあってユーキャンの通信教育だけで誰もが合格できるように工夫されている。

基礎数学、公式集、用語集

過去問題集

添削課題があり、模試のような詳しい解答、解説があり自分では気づけないところまで勉強できます。

筆記試験+技能試験の教材一式

基礎数学に関する知識をつけることからスタートできる。

 

 

技能試験対策

技能試験対策の特徴

標準学習期間3カ月。筆記試験が終わって技能試験までの約2か月。筆記試験が終わってから申し込んでも合格できます。

DVDで詳細解説

DVDで複線図の書き方や作業の詳細を説明してくれる。

材料もセット

練習材料もついており、実際に課題を作ることができるためわざわざ別途材料を買わなくていい。

材料が1回分ついているから1回通りは練習できるし、リングスリーブなどを買えば2回通り練習できるからお得。

※技能試験対策コースは2種のみで1種は本科コースのみです。

 

質問、添削などのサポート

わからないところは質問サービスがあり、郵便、FAX、メールで質問できます。

添削指導もあり、解説を送ってくれる。できていないところ、わかっていないところに合わせて解説が来るので読むだけでもかなり勉強になります。

技能試験対策で作った課題を添削してもらえるのはいい。

学びオンラインプラス

学びオンラインプラスはスマートフォンやパソコンからご利用できる受講生専用インターネットサービス 「学びオンライン プラス」で当講座の講義動画があります。

スケジュール管理やwebテストで復習もできる学習ツールです。

web確認テスト

指導サポート期間延長で受講開始から直近試験までが標準学習期間(本科コースは8ヵ月、技能試験コースは3ヵ月)未満の場合、その次の期の試験まで添削や質問など全ての指導サービスが受けるのはいい。

 

金額

本科コース(筆記+技能)技能試験コース
2種63,000円

3,980円×16回(合計63,680円)

39,000円

3,980円×10回(合計39,800円)

1種69,000円

4,980円×14回(合計69,720円)

なし

金額は税込み

本科コースは教育訓練給付金制度利用で学費の20%支給

 

向いている人

学習期間が標準で8カ月と長い期間準備されているので、働きながらじっくり試験対策する人には最適。

また必要となる基礎数学の公式集がついており、これから勉強を始める人に向いています。

質問できる体制はしっかり整えられていて、勉強をし続けられる人には最適といえる通信教育。

特に技能試験対策で添削をしてくれる通信教育はユーキャンとTAC。

技能試験は試験対策は実際に作ってみたときに「これで良いの?」「どうなの?」と思うことが多い。添削でそういう疑問点を解決できるのはすごくいい。

学びオンラインプラスで隙間時間にいろいろと勉強することができ、技能試験対策でも複線図の書き方もあって最後まで使えるように工夫されているので最後まで勉強を続けられる人には金額以上の価値があると言って良い。

 

向いていない人

試験の1か月前から筆記試験の勉強をスタートさせる人は向いていないというよりユーキャンのせっかくの良さを生かしきれない。金額は決して安くないだけので他社を検討してもいい。

電気の知識が元々あって仕事等で電気工事士を取得しようとする人にとっては通信教育の中では高額なユーキャンは少し考えどころ。

技能試験の練習をしたい人は市販のテキストや工具、材料を買って練習したほうがいい。

技能試験対策でいくら添削があっても講習会のほうがその場で添削してもらえるため、技能試験対策をしっかりやりたい人にとっては講習会のほうがお得。

 

申込、資料請求などはこちら↓↓↓

ユーキャンの電気工事士通信教育
最新情報をチェックしよう!