電気工事士、電気主任技術者、電気施工管理技士に興味のある方、勉強中の方向けのサイトです

【ランキング】電気工事士通信講座、オンライン講習会-2023年最新-

電気の資格に詳しい人
電気工事士の通信講座とオンライン講習会
どこが良いのかわからないと悩む人に
ランキング形式にしてみました。

「通信教育どこがいいのかわからない。」「何が違うのかわからない」

どこの通信教育がいいのかはっきりさせました!!!

通信講座、オンライン講習会の10社を比べてランキングつけることで誰にでもわかるようにしました。

この記事では、通信教育を採点しただけでなく、それぞれの特徴、どんなコースがあるのか、どんな人に向いているのかなどを紹介することであなたにとって一番いい通信教育を選んでいきましょう。

ランキング付けのポイント

電気のことを全く知らない人が短期間で電気工事士合格できるかという観点から5つのポイントで各20点合計100点満点でランキング付けしました。

①教材の質と充実度

使用する教材がわかりやすいものか、短期間で合格できるかという初めて電気を勉強する人が合格しやすい教材かで選んでいます。

学科試験(旧筆記試験)では動画講義があれば良いので、動画の有無、時間数も評価します。

②第1種電気工事士への対応

第1種電気工事士向けのコースの有無、2種との違い

1種は対応していてもサービスがかなり落ちる場合があります。

同じサービスがあるのか、そもそもコースが設定されているのかなど

③技能試験対策

技能試験のみのコースがあるか、技能試験は実技なので動画があれば写真でみるよりわかりやすいですから、添削がしてくれるとより嬉しいなど

④サポート体制

質問ができるサポート期間がどのくらいあるか、電話メール以外にどんなサポートがあるのか、e-ラーニングの視聴期間が長いなど。

➄価格

単純な価格だけでなく、教育訓練給付金対象の講座があるかどうかなど。

 

参考記事「【比較】電気工事士通信講座、オンライン講習会-2023年最新-

参考記事「講習会一覧【第2種電気工事士試験】

参考記事「講習会一覧【第1種電気工事士試験】

各詳細はそれぞれのページを参照してください。

ユーキャン JTEX TACSATキャリカレe-DenCIC(日本建設情報センター)パナソニックLS総研建設不動産総合研究センター九州建設専門学院

ヒューマンアカデミー(たのまな)は教材はJTEXのものを使っているため今回はJTEXと同じ扱いとしています。
コスパがよくて一番おススメできるのはSAT。ただし、筆記だけ、技能だけっていう受講ができない。
筆記だけ、技能だけ、技能の添削までやってくれるのはTAC。技能だけで受講するならTAC
技能だけで一番安いのは建設不動産総合研修センター。添削もあるしおススメ。
学科だけ不安でとにかく長い時間かけて教えてくれるのはパナソニックLS総研
本ページはプロモーションが含まれています。

第1位:TAC

1位tac

評価と感想

教材の質と充実度、コース

教材は市販されている「みんなが欲しかった! 第二種電気工事士 学科試験の教科書&問題集」と「みんなが欲しかった! 第二種電気工事士 学科試験の過去問題集」を使います。

みんなが欲しかった! 第二種電気工事士 学科試験の教科書&問題集」は問題数が190問と多くはありませんが、これだけで合格できるくらいのテキストです。

フルカラーでわかりやすくて独学でも使いやすいです。

過去問題集も付いていて、10年分あるので困らないですね。

CBT対策もできるwebトレーニングでスマホでも勉強できます。

webトレーニング

TACは2日間の講習会形式で、それを通信講座として販売しているので解説動画があります。

解説動画で学科、技能両方ともあるのは嬉しいですね。

特に技能は何度も見返して、どうすれば早くできるか研究できるのが有難い。

動画時間は

学科が2日分、技能は3日分です。

20点。

(学科)
受講ガイド
みんなが欲しかった! 第二種電気工事士 学科試験の教科書&問題
みんなが欲しかった! 第二種電気工事士 学科試験の過去問題集
確認問題冊子
webトレーニング

(技能)
受講ガイド
オリジナルテキスト
候補問題冊子
練習用材料(13課題分)

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキストはオリジナルテキストです。

過去問題集は6回分。

動画は学科3日間、技能3日間。

第2種電気工事士と同じように学科と技能それぞれ用意されています。

webトレーニングもあり。

20点。

技能試験対策

技能試験のみのコースが1種、2種いずれもあります。

動画が基本動作と候補問題両方ともあるのは嬉しい。

技能試験対策で一番ネックとなる添削を受けることができます。

2種は13課題を全部で15回、1種は10課題を合計12回まで添削を受けれます。

添削はメール、対面、オンラインとあるので自分に合った方法を選んで添削してもらえます。

わからないところは質問できるのでそこも嬉しいところ。

2種のみ複線図入門があるので、複線図がわからないという人には安心です。

技能試験対策を文句なしでできるのでおススメ!!!

20点

サポート体制

質問はメールおよび質問カードでできます。

質問回数はメールでは制限(学科20回、技能10回など)がありますが、質問カードは制限がありません。

期限は試験までですが、それでも十分です。

17点。

価格

2種電気工事士※1

学科試験対策15,000円
複線図入門※23,000円
技能試験対策※334,000円
学科+技能※460,000円

1種電気工事士※1

学科試験対策19,000円
技能試験対策※325,000円

35,000円(材料付)

学科+技能49,000円(材料付)

※1:web講座でDVD受講の場合2種の学科、技能は各+4000円、学科+技能は+8,000円。1種は学科+7,000円、技能+8,000円、学科+技能+15,000円。

※2:早割キャンペーンで第二種電気工事士「学科試験対策コース」「学科+技能試験対策コース」をお申込みの方は無料で受講できます

※3:2種の技能試験対策は工具付きかなしか選べます(材料付)。1種は材料付きかなしか選べます。

※4:2種の筆記+技能は工具付きの金額。材料は技能試験対策で含まれています。

早期割引はありますけど、教育訓練給付金なし。

SATと比べると高めだけどそれ以外なら普通。15点。

 

合格者の声

合格者の声

M様(男性)
筆記については基本的な知識をコツコツと理解していくことが重要で、Web授業を集中して聞き、大事なことをテキストにメモするようにしました。単元ごとに過去問を解き、間違った問題については本番前にもう一度確認するようにしました。電気工事については全くの初心者だったため、技能試験対策において作業スピードを上げることに苦労しました。40分の試験時間内に作品が完成するのか、特に対策開始直後には不安でしたが、13問の練習を終えるころには十分なスピードがついていました。


S様(男性)
文字通り、この一冊を学習すれば合格可能な内容にまとめられています。約2ヶ月前から、平日は週2で2時間程度+土日は3時間程度を確保して、合格する事ができました。
通信講座の場合、通勤・通学のちょっとした移動時にも勉強する事ができ、自分の得意不得意の章や内容によって、学習順序を変えることもできるので、おすすめです。

 

良いところ

技能試験のみ対策をしたい人にとって最適

技能試験のみのコースがあって、添削もある。他社に比べて圧倒的にサービスに優れているのに価格も安い。技能試験のみの対策をするならTAC一択!!!

 

学科試験のみの対策をしたい

学科試験のみの対策をしたい人にとってTACは学科のみの受講ができるし動画での解説もあって有難いのでおススメ。

 

惜しいところ

学科+技能を受講するのが工具セットになる。特別安くない

学科+技能を受講するときに工具セットで特別安くない。工具セットで60,000円は高い!!!SATが工具なしで20,000円以下、工具が2万円もしないので割高感を感じてしまう。

 

向いている人

技能試験対策をしっかりやりたい人

TACは技能試験のみのコースが用意されていて、web経由で添削を行ってくれるので、技能試験をきちんと対策したい、添削を受けたいという人には最適です。

 

TACの通信教育について詳しくはこちら

 

 

 

第2位:SAT

2位sat

評価と感想

教材の質と充実度、コース

テキストはオリジナルのフルカラーテキスト。

SAT第2種電気工事士テキスト

出典:SATの第2種電気工事士テキスト

よく整理されていてわかりやすいテキストです。

過去問題集付き(年数不明)

電気工事士の学科試験は2種は3年、1種は5年分何度も解けば合格できます。

技能試験対策の複線図も一通りそろっています。

説明動画あり。

解説動画で学科、技能両方ともあるのは嬉しいですね。

特に技能は何度も見返して、どうすれば早くできるか研究できるのが有難い。

技能編で基本的な作業方法の説明、候補問題で実際の問題を作ってみる作業

動画に過去問の解説動画はありませんが、電気工事士の筆記試験は知っているか否かのレベルで解説を必要とするところは少ないので解説動画がない問題はありません。

20点。

受講ガイダンス
冊子①
冊子②
過去問題集
候補問題全複線図
動画視聴(筆記(学科)編9.3時間、技能編2.3時間、候補問題6.3時間)

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキストは学科と技能合わせて3冊、動画解説あり。

過去問題集は5年分。

第2種電気工事士試験対策コースをそのまま1種に変えたようなイメージです。

ただ、テキストが以前簡素だったのがどうなったのかちょっと不安

ただし、改定作業中

18点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはありません

技能の基本動作と候補問題の動画があって、色々と参考になります。

技能試験の採点はありませんが、「ここがわからない」「ここが欠陥として取られますか?」とスマホで写真をとってメールで質問できますよ。13点。

サポート体制

原田式メソッドで目標設定して勉強を続けるというスタイルだが、目標を設定して努力を続けられる人向け。

(※原田メソッドは目的や目標・想い・ビジョンを、ツールを活用することで確実に実現する方法)

郵送、メールで質問でき、10回まで無料。11回目からは1回500円。

 

  1. 30日間返金保証
  2. 破損・不具合DVDの1年間交換サービス
  3. 不合格時、サポート期間延長サービス(質問回数リセット)

という各種サポートがあり。

質問回数の制限がちょっとマイナス18点。

価格

金額は他社に比べて安いです。

2種電気工事士

e-ラーニング21,780円
DVD23,980円
e-ラーニング+DVD27,280円

1種電気工事士

e-ラーニング32,868円
DVD43,780円
e-ラーニング+DVD49,280円

e-ラーニング+DVDは教育訓練給付金対象で受講後20%返金されます。詳しくはこちら

2種は27,280円→21,824円

1種は49,280円→39,424円

他社より安く教育訓練給付金対象講座もあるので文句なし20点。

 

合格者の声

口コミ

T様(男性)
ありがとうございました。第二種電気工事士試験(学科と実技)に、一発で合格できました。 御社の教材を選択した理由は、無料講座で拝見した動画と講師先生の話し方・解説が決め手でした。 イザ学科の勉強を始めてみると、初学者の私には電気の範囲が広すぎて理解して覚えるのに苦労しましたが、市販の電気入門編も併用して、レベルに達するまでしっかり学習しました。 おかげさまで学科に合格できました。 次に実技試験でしたが、まずは工具から何を選んで良いかも分からない中、講師先生の動画と解説を見て、工具を選択することが出来てホントに助かりました。 実技試験は、如何に時間内に手際の良い作業と手順で見栄えよくおさめるか⁉︎が勝負でした。実技は特に初学者には難しく、講師先生の動画と解説を信じて、練習して覚えて時間を測って また練習して体と指先で覚えて時間を測ってという繰り返しで、徐々に技能知識が定着できました。 先生の実技動画は秀逸ですと断言します。何故なら、基本動作から、工具の配置・使い方・コツまでしっかり動画収録されてましたので、基本動作に関しては時間をかけてしっかり反復練習を行いました。 次に試験課題の動画と解説も秀逸で、楽しく拝見でき工具の配置・使い方・コツを理解できるので、コツコツ地道派の自分にも時間短縮できそうな自信が湧く内容でした。もちろん練習は必要ですし大事なのですが、実技練習に取り組む為のモチベーションとその持続が重要だと思いますので、講師先生の動画と解説がなければ合格出来なかったと思います。 (時間のカベを乗り越え、突破する為に何度も何度も13課題の練習が必要ですから。。。) 課題時間を一回でもクリア出来れば、もっと他の問題を解きたく腕試しをしたくますよ。笑笑 御社の通信講座と教材に出会えて幸運でした。 講師の先生と教材のおかげです。本当にありがとうございました。


Y様(男性)
学習で苦労した点は、私自身は電気の科目を学んだり電気に携わる仕事をしている訳でもないので、全くの基礎がない状態でしたので苦労しました。そして仕事をしながらで休みの日は家族サービスに費やしたりと勉強時間の確保も苦労しました。 学科試験では9割取ることを目標して、電気の難しい理論の理解は諦めました。そして勉強時間の確保は1日のスケジュールに無駄な時間がないか考え、そして以前は車の運転中は音楽を聞いたりしているだけで、無駄な時間であることで気づきその時間にDVDを使い勉強することにしました。 DVDの商材は安い商材では無いと思います。ただ机に向かってなかなか勉強する時間がない方にはオススメです。

 

良いところ

価格が安くコスパが良い

電気工事士試験は工具や技能試験の練習材料などで多くのお金がかかる。

独学も考えやすいけど通信講座の中で安い!!!

講義動画があるので学科試験で苦手って人にとっては有難いですね。

 

惜しいところ

技能試験のみの対策コースなし

技能試験対策のみ受講したい人にとっては不向き。TAC、ユーキャンなど技能試験のみで受講できるコースがあるなら検討したほうが良い。

 

向いている人

1から通信講座を受ける人

学科含め通信講座受けたくてもお金をできるだけかけたくない人にとっては価格が安く、教育訓練給付金も使えるSATはおススメ。

1から教えてくれて動画の時間は十分。とりあえずSATと言える。

 

SATの通信教育について詳しくはこちら

 

 

 

第3位:ユーキャン

3位ユーキャン

評価と感想

教材の質と充実度、コース

30年以上の実績があり、受講者の90%が資格の学習経験なしという状況からスタートして合格者を毎年多数輩出している通信教育。

テキストはオリジナルテキストで図も多くわかりやすい。

ユーキャンテキストサンプル

画像はユーキャンより引用

テキスト以外に過去問題集(年数不明)、基礎数学、公式集、用語集があって初学者が学習していく中で躓きそうなところには対策がされています。

webテストで進捗状況や実力の確認ができます。

添削課題を提出して、その段階での課題を把握して勉強していくスタイルです。

学科試験の電気についての解説動画はないのがちょっと残念ですが、初学者が学習するために必要なものがすべて揃っていると言って良い。18点。

メインテキスト:7冊
ガイドブック
添削課題集
技能試験対策DVD
過去問題と解答・解説
基礎数学/公式集/用語集
添削関係書類
その他
材料・用具・機器など:技能試験対策用練習材料(43点)

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキストはオリジナルテキストです。

過去問題集もついています。

第2種電気工事士と違って技能のみのコースはありません。

17点。

技能試験対策

技能試験のみのコースは2種のみで材料がセットでついています。

技能試験対策で添削を受けることができます。

動画もあって作業がわかりやすくて良いですね。

練習材料も付いています。

1種が技能試験対策のみのコースがないのが残念です。

18点。

サポート体制

質問は郵便、FAX、メールでできます。

在籍期間は8カ月(技能試験コースは3ヵ月)あり、試験時に期間未満の場合、その次の期の試験まで添削や質問など全ての指導サービスを受けることができます。

添削課題(学科、技能両方とも)があり、課題を解くことで自分の弱点を把握できるようになっている。

学びオンラインプラス」はwebテスト、解説動画、スケジュール管理などができる学習ツールです。

これらのサポート、サービスは完璧!!!

20点。

価格

分割払いに対応している珍しいポイント

2種本科コース※63,000円

(3,980円×16カ月=63,680円)

2種技能コース39,000円

(3,980円×10カ月=39,800円)

1種本科コース※69,000円

(4,980円×14カ月=69,720円)

※2種本科コースと1種本科コースは教育訓練給付金対象で受講後20%返金されます。(63,000円→50,400円、69,000円→55,200円)

教育訓練給付金について詳しくはこちら

本科コースは学科試験+技能試験両方とも対策するコースです。価格は特別安くありませんが、教育訓練給付金を利用すればかなりお得な講座となります。13点。

 

合格者の声

合格者の声

A様(30代・男性)
ユーキャン合格者の体験談で、私みたいにまったく電気の知識のない人でもちゃんと資格を取れていて、その理由が“ユーキャンの教材と添削指導がしっかりしているからだ”ということがわかりまして。
添削課題の答案には、解き方を書き添えてくれたり、『実力があります』『この調子です』といった嬉しいコメントもあって、大きな励みになりました。添削指導を受けて、改めて独学と通信教育の違いを実感しましたね。自分の勉強を見てくれている存在があるというのは、本当に心強いものです!

 

良いところ

充実した教材で初学者でも安心の通信講座

副教材で基礎数学/公式集/用語集、過去問題集など必要な教材が一式揃っている。受講生の9割が初学者で合格者を輩出している安心の通信講座。

 

惜しいところ

1種に技能試験対策のみのコースがない

2種電気工事士は技能試験対策のみの受講ができますが、1種電気工事士は技能試験のみの受講ができません。技能試験のみ受講するならTACなどの他社を受講すべき。

 

向いている人

在籍期間が8カ月あり、働きながらじっくり勉強したい人

動画ないでテキストを勉強しながら、添削課題を提出してわからなければ質問する、というサイクルで勉強し続けられる人にとっては長期間の在籍期間、基本的な数学からあるテキスト、全8回の添削課題など痒いところに手が届く最適な設計となった通信教育と言えます。

 

ユーキャンの通信教育について詳しくはこちら

 

 

第4位:CIC(日本建設情報センター)

4位cic

評価と感想

教材の質と充実度、コース

テキストの「第二種電気工事士合格テキスト」、過去問題集の「第二種電気工事士学科試験過去問題集」は市販されています。

過去問題集は頻出問題+2回分(前年試験分)です。

技能試験のテキスト「第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答」も市販されています。

市販されているので書店等で手に取ってみることができるのは良いところですよ。

動画もついています。(学科8時間、技能5時間)

工具つき、材料付もあります。

20点。

受験対策講座スタートアップガイド
第二種電気工事士合格テキスト
第二種電気工事士筆記試験過去問題集
2023年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答
第二種電気工事士 受験対策資料

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキスト、過去問題集もついています。

動画は学科16時間、技能6時間で増えています。

動画時間が増えているので文句なし。

20点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはない

5-6時間程度の動画があります。

添削サービスはありません。

10点。

サポート体制

メールで質問できます。

13点。

価格

第2種電気工事士

webコース23,500円
webコース(工具付き)36,500円
webコース(材料付き)44,500円
webコース(工具+材料付き)57,500円

DVDコースは+1,000円

 

第1種電気工事士

webコース34,000円
webコース(工具付き)54,000円
webコース(材料付き)62,000円
webコース(工具+材料付き)83,000円

DVDコースは+1,000円

1種の工具付きは2種受けた人が多くて工具持っていますから…。

webコースは安いのでおススメ。

20点。

 

良いところ

一種、二種両方とも工具付き、材料付のコースがあって通信講座に申し込むだけでOK

工具や材料を準備する手間がなくなるのは本当に助かります。

一種の工具まで準備してあるのは珍しいですよ。

 

惜しいところ

過去問題集が3年分と少なめ

二種は頻出問題はあっても前年試験の1年分は少なめ。

出題傾向は毎年少しずつ変わっていきますし、頻出問題で対応するにしてもできれば過去問5年分はほしい(1種は5年分付いています)

 

向いている人

日本建設情報センター(CIC)への申込だけで全部の対策をしたい人

技能試験の工具や材料まで揃うので通信講座への申込だけで後は特になにも準備しなくていい。

 

 

 

第5位:JTEX

5位jtex

評価と感想

ヒューマンアカデミー(たのまな)はJTEXの教材を利用しています。

教材の質と充実度、コース

テキストは1色刷りでわかりにくい。

JTEXテキスト例

引用:JTEX電気工事士テキストサンプル

(第二種電気工事士受験講座と合格講座で使用するテキストです)

鑑別は写真があるのでフルカラーだと思いますけど、オームの法則に関するところは白黒でわかりにくい。

市販のテキストでフルカラーでわかりやすいのがあるので…。

 

コースは

  • 学科+技能の「第二種電気工事士受験講座
  • 学科+技能+試験セットの「第二種電気工事士合格講座
  • 学科試験の過去問を解説!!!第二種電気工事士「動画で解説!一問一答

 

学科中心の講座。過去問一問一答は200問あるので、過去問演習でつまづいている人にとっては嬉しいサービス。

受験講座と合格講座は添削課題を提出してその時の課題やどこまで理解できているかを把握します。

電気についてなどの解説動画はありません。過去問演習動画が一問一答で付いているだけです。

コースも豊富で過去問一問一答というのもあって面白い。18点。

(合格講座)
主テキスト3冊+過去問題集
技能試験副テキスト(動画配信付き)
試験セット:1セット☆
レポート回数:4回
受験講座は☆の試験セット1回分が付いていません。(動画で解説!一問一答)
動画再生時間:約4時間(200問,212動画)
副教材:1冊
レポート回数:2回(Web提出可)

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキストはオリジナルテキストです。

過去問題集もついています。

第2種電気工事士と違って、

学科+技能の「第一種電気工事士受験講座

学科+技能+試験セットの「第一種電気工事士合格講座

だけです。

過去問の一問一答はありません。

17点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはない

学科+技能の受験講座と合格講座には技能対策用の動画が付いているのは嬉しい。

10点。

サポート体制

合格講座のレポートが全4回。(筆記+技能のコース)

レポートは記述式、マークシート式、Web提出の3種類で対応可能。記述式は受付後、添削講師による添削・講評が加えられて返送されます。

質問がある場合は質問券を利用して講師に質問できる。

質問券はコピーして使います。

18点。

価格

第2種電気工事士

第二種電気工事士受験講座

31,900円

第二種電気工事士合格講座

49,500円
動画で解説!一問一答22,000円

第1種電気工事士

第一種電気工事士受験講座

34,100円

第一種電気工事士合格講座

55,000円

法人・団体受講の場合は特別受講料が適用されより安くなります。

他社に比べるとそこまで安くない…。

15点。

 

合格者の声

合格者の声

A様(30代・男性)
「電気工事士」試験は以前から興味がありましたが、実技試験があるので、経験のない私にはチャレンジできないと思っていました。しかし、今回この講座を受講し、わかりやすい教材と先生方のご指導により、「何とかなるのでは」と勇気付けられました。試験も無事合格することができました。どうもありがとうございました。


B様(60代・男性)
必要事項が明快で要点がよくまとめられている。また、学習内容と進度が適当である。この講座を受講したことで国家試験を受けてみようかと考えるようになった。

 

良いところ

過去問一問一答は学科対策としてGood!!!

過去問一問一答は第2種電気工事士の学科試験に向いています。

学科試験のみ考えたらJTEXの過去問一問一答を受講しましょう。

 

惜しいところ

技能試験の添削がない

技能試験でわからないところを添削してもらったり、聞いたりできないのが…。質問券で質問できるにしても、紙に書いて伝わるか…。

 

向いている人

どんどん自分のペースで勉強を進めたい人

解説動画はなくレポートを提出して勉強を進めていくスタイルなので、過去問演習含めどんどん自分のペースで進められる人向け。

 

JTEXの通信教育について詳しくはこちら

 

 

 

第6位:建設不動産総合研究センター

6位建設不動産総合研修センター

評価と感想

教材の質と充実度、コース

テキスト「いちばんやさしい第2種電気工事士(筆記試験)最短テキスト&出る順問題集

市販されています。書店などで手に取ってみると良いですよ。

このテキストは問題が258問付いていますが、古くなってきていて出題傾向とズレてきているのが心配です。

ライブ講義で動画があります。(動画時間:13時間

18点。

(学科)
いちばんやさしい第2種電気工事士(筆記試験)最短テキスト&出る順問題集
(技能)
DLテキスト

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースなし

0点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはある

技能試験対策用のコースがあります。技能試験対策のみの受講も可能です。

添削、質問も可能です。

添削はメールに写真を添付することで添削してもらえます。

20点。

サポート体制

メールで質問できます。

回数制限はありませんが、週1回までと決まっています。

添削も質問と同じ扱いで週1回までです。

回答まで1週間くらいかかるというのがちょっと残念だけど…。

18点。

価格

学科対策web講座13,200円
技能対策web講座17,600円
学科+技能のパック講座27,500円

他社と比べても安い!!!!

技能単体で17,600円で受講できるのは神!!!

材料は別途購入しないといけないけどamazonでそろえて16,000円くらい。

学科試験直後は高く20,000円くらいまで上がるのでタイミングを見計らって買えば安くなります。

20点。

 

良いところ

技能対策単体で受講ができて、安い

技能試験単体で受講できて、添削までしてくれる通信講座はTAC、ユーキャンくらい。他社に比べて安い!!!

技能試験対策単体で受講するなら添削もしてくれるし建設不動産総合研修センターで決まり。

 

惜しいところ

第1種電気工事士試験対策がない

第2種は価格も安いしおススメできるのに、第1種電気工事士試験対策をしていないのが残念。

 

向いている人

技能試験対策を検討している人

学科+技能だとSATなどのほうが安いですが、技能試験対策単体なら一番安い。

添削までしてくれる。マジでおススメ!!!

 

 

 

第7位:e-Den

7位e-den

評価と感想

教材の質と充実度、コース

オリジナルレジュメでweb上での閲覧またはPDFでのダウンロード

過去問完全KO作戦というコースで132問の過去問解説

コンセプトは「10点アップ」なので1から教えてもらう、丸々勉強には向いていない

直前に点数が伸びない人向け

技能もありますが動画(6時間)+テキストのみ

技能も動画付きのテキストを買うと思った方がいいですね。

通信講座を考える人は1から勉強を教えてもらえる、テキスト通り進めたら合格できるというのを期待するのでe-Denの通信講座とは相性があまり良くない

15点。

(学科)
オリジナルレジュメ
(技能)
動画6時間
ワークブック

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

テキストはオリジナルレジュメです。

学科の過去問完全KO作戦は360問の過去問解説

360問あれば十分な数がありますし、とにかく過去問を解くって人には良いですよ。

過去問を100問に絞ったコース(セレクト100)もあり。

技能は2種と一緒で動画付きテキストと考えてください。

1種電気工事士向けに、ZOOMでの1対1の講習あり。

1種の学科試験対策が充実しているのは好印象。

20点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはあり

6時間の動画あり(1種、2種両方)

動画付きのテキストを買うくらいの感覚がいいでしょうね。

1種電気工事士向けに、ZOOMでの1対1の講習あり。

1時間当たりの課金なので、きちんと絞って受講するならアリ。

15点。

サポート体制

web版はなし

ただし、技能試験対策で1種でしているZOOMでの1対1講習なら質問できます(有料)。

2種の受講者がほとんどなのでないと思うのが正しい。

5点。

価格

第2種電気工事士

第二種電気工事士過去問完全KO作戦2,970円
技能試験対策(web)3,300円

第1種電気工事士

第一種電気工事士過去問完全KO作戦17,600円
第一種電気工事士過去問完全KO作戦(セレクト100)5,500円

技能試験対策(web)

3,850円

技能試験対策(ZOOMでの1対1講習)

5,500円/1時間

激安!!!

技能試験対策は動画付きテキストが正直なところだけど…。

20点。

 

良いところ

一種の過去問KO作戦は学科対策で過去問演習する人にとって最適

第1種電気工事士の学科試験対策で過去問演習しようと思う人にとっては最適。

 

価格が安い

価格がとにかく安い。内容はそれ相応ですけど…。

 

惜しいところ

第二種学科試験対策が直前対策のみ

第二種電気工事士の学科試験対策が直前対策で1から教えてくれるようなものではない。

 

向いている人

第1種電気工事士の通信講座を考えている人

第1種電気工事士の学科対策の過去問演習、技能試験対策でZOOMでの1対1での講習があるなど充実している。

 

 

 

第8位:キャリカレ

8位キャリカレ

評価と感想

教材の質と充実度、コース

コースは1つのみです。

テキストは2色刷りです。

キャリカレテキスト

引用:キャリカレ電気工事士テキストサンプル

2色刷りなので写真は見づらいですです。

鑑別は写真があるのでフルカラーだと思いますけど…。

市販のテキストはフルカラーテキストでもありますからね。

 

web対応の一問一答と厳選問題集とありますね。

厳選問題集って選んだ時点で厳選でも出題傾向は毎年少しずつ変わっていくので数年すると的外れなことが…。

素直に過去問題集のほうが良いんだよな。

添削問題で今の課題を把握できるのは良いね。

15点。

テキスト7冊
添削問題

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースなし

第二種電気工事士をキャリカレで受けて2講座目無料なので1種もと思ってもないのがとても残念

0点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはない

DVDなどの映像があります。

10点。

サポート体制

質問は何度でもできます。

添削課題を提出して課題を把握します。

 

  • 不合格時は全額返金サポート
  • 1講座をキャリカレで合格していれば2講座目無料!!!

全額返金や2講座目無料というインパクトがあるサービスがあります。

このインパクトは凄い!!!

20点

価格

第2種電気工事士41,900円

時期によって値引きがあります。

他社に比べて教材が優れているわけではないが、価格も他社と変わりがない…。

13点。

 

合格者の声

口コミ

J様(男性)
資料はカテゴリーごと分類されていて見やすく
しかも各分類ごとに添削試験があり、期限を区切って勉強のスケジュールを
立てることが出来、合格への道筋が見えやすかった
申込時は、不合格なら無料という条件に惹かれましたが、受講して感じたことは絶対に合格できる内容だったと感謝しております。


T様(男性)
なかなか難しいがテキストに沿って、何度も繰り返し頑張ってます。

 

良いところ

返金や2講座目無料

キャリカレで何か講座を受講して合格していれば無料で受けられる!!!

返金対応も3か月と長いところ。

 

惜しいところ

第1種電気工事士試験対策講座がない

せっかく2講座目無料。1講座目を第2種電気工事士を受講した人にとって1種がないのは良さが半減してしまう。

 

実績が不安

一番競合となるユーキャンでは合格者を10年で580人、初学者が90%以上など実績を公開しているが、キャリカレは実績の公開がない。

それだけの実績がないとも言えますが…。

 

向いている人

キャリカレで1講座受講して合格した人は無料で受講できる

キャリカレで1講座受講して合格すれば2講座目で無料で受講できるのは嬉しい。

それ以外の人にキャリカレは勧められない。

 

 

 

第9位:九州建設専門学院

9位九州建設専門学院

評価と感想

教材の質と充実度、コース

テキストは不明です。

学科対策の直前集中講座のみです。

講義は2日間をオンライン配信するので12時間程度。

15点。

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースあり

学科対策の直前集中講座のみです。

講義は3日間をオンライン配信するので18時間程度。

15点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはなし

福岡での会場での講習会のみ

0点。

サポート体制

メールで質問できます。

15点。

価格

第1種 筆記試験直前集中講座コース68,500円
第2種 筆記試験直前集中講座コース59,250円

時期によって割引があります。

高すぎる…。

学科対策で6万弱…。

5点。

 

良いところ

謝恩会がある

謝恩会が12月にあるので、福岡でつながりが欲しい人には良い。

 

惜しいところ

価格が高くコスパが悪い、技能試験対策もない

価格が高く、動画時間も短くコスパが悪い。

技能試験対策もなくおススメできない。

 

向いている人

福岡でつながりが欲しい人

謝恩会などのイベントが開催されていて福岡でつながりが欲しい人には良い。

 

 

 

第10位:パナソニックLS総研

10位パナソニックLS総研

評価と感想

教材の質と充実度、コース

テキスト「第二種電気工事士筆記合格塾改訂3版

市販されています。書店などで手に取ってみると良いですよ。

ただ有名な本ではないのでamazonとかになりそうな…。

ライブ講義で動画があります。(動画時間:24時間)

学科対策e-ラーニング講座と学科対策DVD講座

それ以外に

過去問ドリルコースあり

過去問ドリルコースは3コース(攻略コース、反復学習コース、試験トライアルコース)。

過去3年分と過去5年分のコースあり。

15点。

(学科)
第二種電気工事士筆記合格塾

第1種電気工事士試験対策コース

第1種電気工事士試験対策コースなし

第1種電気工事士試験対策は対面での講習会のみ

0点。

技能試験対策

技能試験のみのコースはある

ただし、「技能試験対策講座(練習用部材キット付き)」というコースで材料+動画付きテキストです。

添削などはできません。質問もできません。

8点。

サポート体制

学科対策コースは毎月1-2回動画あり。

e-ラーニング、DVD講座などは質問受付はありません。

0点。

価格

学科対策e-ラーニング講座59,290円

学科対策DVD講座

62,920円
過去問ドリルコース(3年分)4,400円
過去問ドリルコース(5年分)7,260円
技能試験対策講座(練習用部材キット付き)39,600円

他社に比べると高すぎる…。

技能試験の1回分の材料とテキスト+動画付きで39,600円は高すぎる

5点。

 

合格者の声

合格者の声

A様(40代・男性)
給料アップをかなえるためというのもありますが、さらに知識・技術を磨こうという向上心もあり、資格を取ることにしました。学習は、講習後から試験当日まで、1日就寝前の2時間程度。テキストで基礎覚え、あとはひたすら受講時に頂いた過去問等を繰り返しやり問題のパターンを覚えました。私でも合格出来たので、受講して努力すれば、誰にでも合格する可能性が開けてくると思います。


B様(30代・男性)
ガスや水回りの住宅設備機器の交換をするにあたり、ちょっとした電気配線工事が必要になり、ルームエアコンの取付工事も今後やっていこうと思ったため受験をしました。講習受講後、一日2時間程度(過去問2回実施プラス、できなかった問題の復習)を試験日まで毎日行いました。試験に出てくるポイントをしっかりとおさえて講義していただいたので、それを踏まえて過去問を中心に勉強し、難しく感じることもなく試験に臨めました。

 

良いところ

学科対策用の動画24時間あるから安心

学科対策で動画が24時間と長いので学科対策に不安がある人には良い。

高齢になって覚えられないって悩む人には24時間も動画があると安心できますね。

他社は10時間程度ですから。

 

惜しいところ

価格が高い

何より価格が高い。学科だけで5万円以上の対策は高すぎる…。

積極的にはおススメできません。

 

向いている人

学科試験対策で1から親切に教えてほしい人

学科対策動画が24時間と長い。学科に不安がある人にとっては安心できる講座です。

 

最新情報をチェックしよう!